鳥取県版経営革新計画とは 

鳥取県版経営革新計画とは経営課題を解決するために、新規事業や生産性向上に取組む短期~中期の経営計画を立案し、その計画を県知事が認定する制度です。認定を受けられた方は、その計画目標(売上・利益等)達成に向けて、必要な投資を支援する「鳥取県版経営革新総合支援補助金」の申請が可能になります。
経営課題・解決策の内容によって認定制度の種類が異なりますので、下記をご参照ください。

県版経営革新計画

〈スタート型〉

経営課題の解決策が新規事業の場合

過去に実施した取組み、既存の商品・サービスとは明確な違いのある新たな事業であり、売上高・経常利益・付加価値額のいずれかが増加する短期経営計画(1~2年)

県版経営革新計画

〈生産性向上型〉

経営課題の解決策が生産性向上の場合

国の認定を受けた経営力向上計画に基づき、既存事業の効率化や付加価値向上により生産性を向上させる中期経営計画(3~5年)

※経営力向上計画につきましては中小企業庁のホームページをご参照ください。

外部サイト:中小企業庁ホームページ

応募方法・補助金等の詳細につきましては、以下のご案内をご参照ください。

 

鳥取県版経営革新計画のご案内

申請方法等については下記よりご確認ください。

 

申請書等につきましては以下のファイルをダウンロードの上、作成して下さい。

お問い合わせ

米子商工会議所 産業振興部 産業振興課 企業支援チーム
〒683-0823 鳥取県米子市加茂町2-204  TEL (0859)22-5131 / FAX (0859)22-1897