山陰いいものマルシェ登録出店者の皆様、当所会員の皆様へご案内しておりました標記出店者募集は、応募多数のため、9月11日(水)をもちまして、受付を終了させていただきます。

多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

ご応募いただきました皆様には、出店の可否につきまして、個別にお知らせをさせていただきます。

 

【第2回よなごグランマルシェ 開催概要】

日 時: 令和元年11月9日(土) 10:00~16:00 荒天中止・少雨決行

場 所: 米子市公会堂前広場(米子市角盤町)

主 催: 米子商工会議所、米子商工会議所青年部

出店数: 全42店舗(予定)※山陰いいものマルシェより20店舗

 

【「よなごグランマルシェ」とは】

米子とその周辺地域の魅力を内外に発信する「よなご・マルシェ」と、中海・宍道湖・大山圏域を中心に山陰の逸品を集めて販売する「山陰いいものマルシェ」による、この地域を代表する2つのマルシェをコラボレーションさせたイベントが、「よなごグランマルシェ」です。

「よなごグランマルシェ」は、まちのにぎわい創出、地元の魅力発信、消費活性化を目的に開催するマーケットイベントで、第1回(平成30年10月21日開催)では、15,000名の方にご来場いただくことができました。昨年度に引き続いて第2回目の開催となる今回も、米子市中心市街地である角盤町エリアで開催し、中心市街地が持つ潜在力を市民に再認識してもらえるイベントを目指しています。

 

【「山陰いいものマルシェ」とは】

中海・宍道湖・大山圏域の官民組織が連携した「山陰いいものマルシェプロジェクト実行委員会」によって運営されるイベントで、中海・宍道湖・大山圏域を中心にそれぞれの風土や文化、伝統の中で生産・収穫された生鮮品や加工品など質の高い商品が集まり、作り手達が直接お客様と対話しながら展示・販売し魅力を伝えます。

平成29年9月に米子市角盤町で開催された「山陰いいものマルシェin米子」では県内外から約23,000人が来場し、訪れた人に山陰の逸品をPRしたほか、開催後に同エリアで集客イベントが実施されるようになるなど、中心市街地の活性化にも寄与しました。