詳しくはコチラより↓

https://www.yonago-k.ac.jp/tosho/bunkaseminer.html

第1回 5月19日(日) 午前10時~12時
会場:米子福祉保健総合センター ふれあいの里 4階中会議室1・2

 漱石の読まれ方―あなたにとって漱石はどのような作家ですか?―   

     教養教育科  藤本 晃嗣

 死後100年が過ぎても多くの読者を獲得し続けている夏目漱石。「東大・京大生が選ぶ小説」の第1位が「こころ」であるという調査結果もあるように、その人気は衰えることなく、現在でも幅広い読者から支持を得ています。ところで、あなたにとって漱石はどのような作家でしょうか。実は、漱石の小説の読まれ方は、漱石が生きていた時代から今日までの100年あまりの間で様々に変遷してきました。今回の文化セミナーでは、そのような漱石の小説の読まれ方について、時代背景などをもとに考えたいと思います。

第2回 6月23日(日) 午前10時30分~12時30分
会場:米子市立図書館 多目的研修室

  酸!? アルカリ!? 汚れと洗剤の種類

      物質工学科  須﨑 萌実

 家の汚れなど,どの洗剤を使用すればいいか困ったことはありませんか? 酸の特徴・アルカリの特徴をしっかり理解すれば「この汚れにはこの洗剤!」と使い分けができるようになり,掃除の効率があがるかも!? また,希釈倍率の計算 方法も一気に解決させましょう! パーセントって? 5倍希釈って? 復習もかねて一緒に計算してみませんか??

第3回 10月20日(日) 午前10時30分~12時30分
会場:米子市立図書館 多目的研修室

 子どもの遊び方、遊び場環境の変化

      建築学科  天野 圭子

 現代の子どもたちは、塾や習い事で忙しく、遊ぶ時間がないといわれています。また、そのわずかな遊び時間の使い方も、昔とは大きく異なってきています。しかしながら、地域の活性化や、良好な生活環境の確保といった観点からも、子どもの遊び場空間の整備は重要です。そこで、子どもの遊び方、遊び場について過去との比較を行いながらお話していきたいと思います。

第4回 11月17日(日) 午前10時30分~12時30分
会場:米子市立図書館 多目的研修室

 梨の幼果の有効利用法について

      物質工学科  村田 和加惠

 鳥取県の名産品の一つに梨があります。鳥取県における二十世紀梨栽培の歴史は100年以上と長い歴史があり、さらに新品種の栽培なども行われています。梨栽培において摘果という作業で得られる梨の幼果は現在、廃棄されている状況です。本セミナーでは、この廃棄される幼果を用いた研究に関して、特に梨幼果の寿命延長効果についてお話していきます。

*講師・演題 都合により、変更される場合があります。